サイトメニュー

小顔になるのは難しい

医者と看護師

マッサージをしても効果がない!という人におすすめするのはボトックス注射です。なぜボトックスがおすすめなのかは小顔問題の難しさを知ることから始まります。顔が大きく見える原因は大きく分けるとむくみ・体重・老化・骨格・筋肉のハリの5つに大別されています。そのうちむくみ・老化・体重に関してはマッサージ(血流の改善)、肌の筋肉のトレーニング(肌を引き締めたるみの改善)、ダイエットで対応することができますが、後の2つである骨格と筋肉のハリについては簡単にはいきません。骨格に関しては生まれ持ったものであってダイエットなどではどうしようもありません。骨格が一と少し違うだけで、人よりも顔周りが貼ったアゴになってしまう場合があります。筋肉は骨についていきますので、骨格がはっているということは対応はさらに困難を極めてしまいます。人はダイエットをしようとしても「常日頃から使用している顎の筋肉だけを動かさないように」なんてことはできません。マッサージやダイエットにも限界があるのです。この「筋肉のハリ」がフェイスラインをおかしなものにしてしまうということは、この筋肉のハリを改善することで一定の小顔効果が得られるということです。ボトックスをエラに注入することで緊張している咬筋(ハリ出たエラ)を静かにすることができるのです。こうした地道なトレーニングで対応できる前項3つではなく、いかんともしがたい体質の問題への解決の糸口となるのが「プチ整形」でもあるボトックス注射なのです。体に対していかなる整形を行うこともためらわない。はじめからそう考えることができる人はあまりいません。まずは簡単なリスクを伴わないボトックス注射から初めて見るべきではないでしょうか?ボトックスはエラを小さくする方法として、アメリカでは広く使用されている上、安全性も高く、痙攣の治療に使われることもある注射です。